「弁護プラン: 任意請求」について

発信者情報開示の任意請求については、誹謗中傷・悪口が掲載されているウェブサイトの所有者や管理者に対して請求を行います。
書き込みが行われた時のIPアドレスを開示させて、かかるIPアドレスをもとにプロバイダを特定しプロバイダに対して通信ログの保存手続きを取ったうえでプロバイダに対して発信者情報開示の訴訟を起こすこととなります。
発信者情報開示の場合、一部の掲示板を除いて、管理者が裁判所からの命令がなしに情報を開示してくれることは少ないため、通常は管理者に対して仮処分を申し立てることとなりますが、任意交渉の段階で開示がなされ、仮処分の申立てが必要ない場合もあります。

お悩み別相談方法

相談内容一覧

よく読まれるキーワード