「弁護プラン: 訴訟提起」について

仮処分の手続きによりプロバイダの会社が判明し、ログ保存の手続きが終了したのち、当該会社に対して訴訟提起をし、当該会社が所持している契約者情報を開示してもらうことで初めて問題となっている書き込みを行った人物の特定が達成できることとなります。

お悩み別相談方法

相談内容一覧

よく読まれるキーワード